読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また、マウスを買ってしまった

ロジクールのウルトラスリムタッチマウスt630です。小さいです。
前回のMicrosoft Designer Mouseは3月下旬に買って一か月ちょっとの使用になります。決して悪いマウスではないのだけれどもご主人様が浮気性なのがいけないのです。
今までありがとうDesigner Mouse、ごめんねDesigner Mouse。
ついでに告白するとMX Anywhere2も別件で買ってます。どんだけマウスマニアなんだよと言われそうですが、たまたまこの時期に重なっただけで、その前に買ったのはもう何年も前のことですからマニアの称号を受けるレベルにはありません。

というわけで使い勝手ですが、はっきり言って使いづらいです。これでカウンターストライクをやったら負ける、絶対負ける。でも小ささとのトレードオフだからしょうがないですね。
本体がWindowsタブレットSG080iなのでタッチでも操作できるのですけど、マウスの方が操作しやすいシチュエーションもそこそこあります。なのでマウスは必需品ではないのですが、ここぞといったときに取り出して使います。というわけで使い勝手よりも携帯性の比重が高く、今回の買い替えに至りました。
どれくらい小さいかというとマウスを使おうかなとカバンから出そうとしたら見つからないレベルです。半分冗談ですがカバンの決まったポケットに入れておくべきです。
スクロールはタッチ式ですが自然な感じで使いやすいです。これは店頭では確かめることができなかった部分なので、うれしい誤算です。
接続はBluetoothで2台の機器と接続することができます。2台の機器の切り替えはスライド式のスイッチでします。 電源は充電池が内蔵されているのですが、そのための充電コネクタが変なのです。マイクロUSBなのですが本体に対して垂直に差し込みます。アップルが新しいマジックマウスで同じ構造にしたときはさんざんバカにされましたよね。 別件ですがSDカードスロットもアメリカの会社のノートPCは差し込んだ時に全部隠れないんですよね。自分の経験だとMacBookとHPのノートPCがそうでした。
アメリカ人の感覚はそんなものなんでしょうか。身近な製品でカルチャーギャップを知らされるのも面白いといえば面白いですけれども。

WindowsタブレットMicrosoft Foldable Keyboardとウルトラスリムタッチマウスの組み合わせは、現時点で最強と言っても差支えない。
なんだかんだとモバイルブログ環境は日々進化しているのでした。