読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBookを買いました

デジタル

開封の儀

無事にボーナスが出たので購入することができました。
モデルはCore m5搭載、ストレージ512GBの吊しのいい方で色はスペースグレイです。
MacBook Proのモデルチェンジが近々あるとの噂もありますが待ちきれませんでした。レティナはいい!
というわけで自分もブロガーなるものになったので開封の儀なんてものをしたいと思います。

アメリカではプレゼントを貰ったとき包装紙をビリビリに破るのがマナーだそうですね。
一秒でも早く中のものと対面したいという気持ちを表すとのことです。
買い物というのは自分自身へのプレゼントであるはずです。
自分で買ったものは本当に自分が欲しかったものなのですから、他人からのプレゼントと違って絶対に外れがありません。
家に着いてからそのものを手にする時間の記憶があたりしたらいけないと自分は思います。
ですので開封時の写真なんてものはありません。
のんびりと外箱の写真を撮って、ちょっと開ける度にまた撮影、同梱物はすべて撮影。
そんな、まどろっこしいことはやってられません。
自分は写真に撮るためでなく使うために買ったのです。

それにしても最近のデジタル機器は開封してすぐに使えないものがほとんどですよね。
ゲーム機でもアップデート、PCやスマホだとセットアップと環境の移行。
このときのいらいらした気持ちに何か名前をつけたいですね。
自分もMacBook Airからの買い換えになるので「移行アシスタント」を使ってAirからMacBookにいろいろなデータを転送します。
やっとここで落ち着いたというかすることがなく待っているだけなので写真を一枚撮影しました。
f:id:tomotsky:20160626144457j:plain

同時購入品




同時に購入したものはAnkerのPowerPort+ 5とUSB-C & Micro USB アダプタ。
そしてPatech 3-In-1 USB 3.1 Type-C to HDMIアダプターです。

Ankerの充電器はMacBookと通常のUSB機器を4つ同時に充電できてコンセントの節約になります。
通常のPowerPort 5と比較すると一回り大きいです。そして表面にヘアラインのアルミパネルを使用して、おしゃれになっています。
MicroUSBアダプタは何かの時のために買っておいたものでまだ未開封です。
Patech 3-In-1 USB 3.1 Type-C to HDMIアダプターは純正品の1/3以下の値段で同じ機能を持つものです。
ところが残念なことにAnkerの充電器とPatechのアダプターの組み合わせだと使用できませんでした。
充電のオンオフが延々と繰り替えされるのです。
アマゾンのレビューではAnkerの充電器の方がPatech以外のメーカーのアダプターとも相性が良くないと書かれています。
USB-Cも新しい規格でまだまだこなれてませんね。
コンセプトは素晴らしいのですから、少しでもはやくこのような問題が起きないよう努力をしていただきたいものです。

とりあえずの使用感

まだほんの2日の使用感ですが書きます。
キーボードですが、打ってる感じは新しい体験といえます。
とくにいいとか悪いとかは感じません。
ただ気になるのがペチペチと音がすることです。
今、静かな図書館でこれを書いているのでちょっと気になります。
隣の席だったら確実に聞こえます。
開封してすぐの使用でWebのスクロールがかくつく感じがありましたが、今はとくに感じません。
たぶん最初にFileVaultのディスクの暗号化の処理をバックグラウンドでしていた為だと思われます。
iPhoneでも使い始めにスポットライトのインデックス作成でもっさりということがありました。
なんでも使い始めは裏でいろいろな処理をしているんでしょう。
今のところHaswell搭載のAirと比べて劣るところは感じられません。